FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月に寄り添う乙女の作法

月に寄りそう乙女の作法

言わずと知れた名作ですね。
とりあえずネタバレなしです。
ストーリー
主人公『大蔵遊星(おおくらゆうせい)』は、日本の財界を代表する‘華麗なる一族’大蔵家の末端に、望まれぬ子として生を受けた。
優秀な親族や家庭教師のもとで厳しく育てられた遊星は、多芸に秀でた万能家であったが、いうなれば籠の中の鳥であり、およそ人並みの夢や希望などとは無縁の生涯だった。

そんな遊星が、初めて一族の監視下を離れ、ひとりで外の世界へ出る機会を得た。
名もなき庶民の娘『小倉朝日(こくらあさひ)』となって素性を伏せ、上流階級の子女が集う服飾専修機関『フィリア女学院』へ潜入することになったのだ。

その一環として遊星(=朝日)は、学院一のスーパー同級生『桜小路ルナ(さくらこうじるな)』に仕えるメイドとして、彼女の住まう『桜屋敷』で働くことに。

そしてそこには、ルナと縁のある学院生らが同居するという。
一人はスイスから来た誇り高き留学生『ユルシュール』。
一人は旧華族の流れを汲む家柄の大和撫子『花之宮瑞穂(はなのみやみずほ)』。

そしてもう一人が、少年時代の主人公に恋していた庶民派の社長令嬢『柳ヶ瀬湊(やながせみなと)』。

いずれも個性的なお嬢様方に加えて、それぞれに付き従う超個性的な従者たちが遊星(=朝日)の生活を引っかきまわす。

果たして遊星は、素性(おもに性別)を偽ったまま、屋敷と学園の二重生活を無事に過ごすことが出来るのか?

向き不向き
こんな人におすすめ
女装主人公に抵抗がなければ、エロゲ初心者の方でも受け入れやすいストーリー

服飾関係

ある程度多くの方から評価された作品がやりたい

主従関係


これは考慮したほうがいいかも等
女装主人公


向き不向きまとめ
とまぁこんな感じで書き出しましたが
欠点は少ないように感じます。
ある一定以上の方に支持【萌えゲーアワード2013 大賞受賞】されていますので
ある一定以上の内容となっております。
これ以上のマイナス点は各々の問題になってくると思われます。

キャラ
キャラに関してはどのキャラも個性があったと思います。
特に主人公の小倉朝日は、素晴らしいキャラでした。
ふわふわとした言い方ですが、自分がやってきたエロゲの中でもダントツにきれいなキャラでした。
dmmさんでは、アペンドディスクにて小倉朝日のフルボイス化が行えますので是非行っていただくのがおすすめです。
主人公ですので体験版で必ずどのような感じか確認してくださいね。


ストーリーにおいて少々良し悪しではありませんが落差があったように感じます。
キャラ好きであればどの娘も良いと思いますが、
本題の服飾の話での評価も入れると個別ストーリーにおいて満足がいかない等の問題が生じたように感じます。
以下に、自分がネットで見た個別の満足度を載せておきます。(要反転)
桜小路ルナ、ユルシュール>柳ケ瀬湊、花之宮瑞穂

あくまで、服飾というストーリーが含まれた総合でのお話です。
キャラの可愛さであったりであればどのキャラもある程度の基準を超えていたと自分は思います。


まとめ
ハマれば良作間違いなしです。保証します(笑)
ストーリーの展開も素晴らしいと感じる一作でした。
上記に述べたように主人公に拒否反応が出ないのであれば是非買っていただきたいです。
そしてつり乙シリーズにどっぷりハマってください。
では今回はこの辺で。



おまけ(主観兼軽いネタバレ、要反転)
ユルシュールが素晴らしかった。
そりゃルナ様もストーリーがもちろん楽しめましたが
ユルシュールの甘え方最高。
悶え死ぬ。


購入は以下より

月に寄りそう乙女の作法
↑本体です。
月に寄りそう乙女の作法アペンドディスク
↑こちらに、小倉朝日のフルボイスやアフターストーリーが入っております。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。